ダウンロード数累計20万人突破!
世界初 3Dの雨雲表示でゲリラ豪雨を事前予想 3Dの雨雲ウォッチ
FREE

3D雨雲ウォッチで、できること
利用者の2人に1人がおすすめしています

雨が降ると
プッシュ通知でお知らせ

この間のゲリラ豪雨、アプリの通知が鳴ったおかげで急いで駅に駆け込み濡れずに済みました

雲の中がわかるから
ゲリラ豪雨を事前予測できる

急なゲリラ豪雨で駅に足止め。いつ止むのか雨雲の様子をアプリで確認していたから安心して待てました

全国どこにいても
雨がわかる

警報が出ている地域の状況も、より詳細に把握できるようになったので嬉しい

豪雨状況を3D描画

雨雲の発達の様子や雨足の強さ、
雨雲内部の様子を、
3Dでリアルにわかりやすく描画。
今までにない「次世代型天気予報」が
体験できます。

豪雨通知的中率80%以上

30秒ごとに詳細に観測し、
ゲリラ豪雨を前兆からすばやく捉えて、通知します。
過去の的中率は、
80%以上を維持しています。

ゲリラ豪雨を事前予測できる仕組み

雨雲を立体的に高速で観測できる「フェーズドアレイ気象レーダ」と従来型レーダを組み合わせてマップ上に雨雲を3D表示化! 2つのレーダの利点を活用して、ピンポイントで素早くゲリラ豪雨を 予測します。

フェーズアレイ気象レーダー観測対象エリアはこちら
3D観測における比較
レーダの種類
探知方法
観測時間
電波の衰退
フェーズドアレイ
気象レーダ
フェーズドアレイ気象レーダ
30秒
大きい
Cバンドレーダ
従来型レーダ
10分
小さい

全国の気象状況がわかるお天気SNS

空ウォッチ Sora-Watch

実験的取り組みとして展開するお天気SNSです。空ウォッチでは、日本全国の気象状況を投稿し、共有いただけます。みなさんの撮影した空(天気・大気現象など)の写真等のデータは、研究・教育分野などに展開し、将来の防災や減災に繋げていきます。
空ウォッチでは、参加者のみなさん一人ひとりが科学者です。自分の街の空を撮って共有し、日本全国の空を楽しみながら、気象研究に参加しましょう!

メディア掲載

  • 2019.03.20「FM yokohama」で紹介されました。
  • 2019.03.16「朝日新聞 夕刊」で紹介されました。
  • 2018.07.28「NHK 週刊まるわかりニュース」で紹介されました。
  • 2018.07.05「TOKYO MX 話題のアプリ ええじゃないか!」で紹介されました。
  • 2017.09.16「テレビ朝日 ~こんなところにあるあるが~ あるある晩餐会」で紹介されました。
  • 2017.08.26「テレビ朝日 スーパーJチャンネル」に紹介されました。

さあ、今までにない次世代型天気予報を体験しよう。

AppStore AppStore QR

GooglePlay GooglePlay QR

・動作環境:Android5.0以上・IOS10以上。メモリは1GB以上推奨。WebGL非対応端末が一部ありますので、予めご了承ください。
・実証実験中のため、メンテナンス等により安定したサービスのご提供が難しい場合が御座います。
・Androidは、Google Inc. の登録商標です。iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

© 株式会社エムティーアイ