3Dの雨雲ウォッチPro

プロフェッショナルな可視化技術や、 気象予報士による気象情報で 企業・自治体、研究機関と協力し、精度の高い、今までにない気象情報を提供しています。

導入事例
導入した実例のご紹介

3Dの雨雲ウォッチ for 自治体

隅田川花火大会 公式Webサイト
URL   https://www.sumidagawa-hanabi.com/

気象予報士が3D雨雲ウォッチアプリ等の気象情報を活用し、花火大会当日の数日前から、開催者向けに大会実施可否判断の意思決定サポートを行っています。 様々な気象情報を駆使することにより、イベント開催場所ピンポイントでの気象サポートが可能です。
2017年以来、隅田川花火大会での気象サポートをしており、花火大会の実施可否を3Dアプリとの通知連携、さらに花火大会打ち上げ3分前からアプリ画面に時計が表示され、カウントダウンが開始されるようにしたりと、アプリと連携してイベント状況をお伝えしてきました。
また、HPにイベント会場付近のお天気情報を表示しています。

3Dの雨雲ウォッチ for 気象庁

竜巻監視システム

気象庁気象研究所様から研究開発の委託を頂き、竜巻などの突風の探知情報に基づき、鉄道事業者向けに10分先までの予測情報を表示するためのプロダクトを開発いたしました。
竜巻は狭いエリアに大きな被害をもたらしながら、素早く移動していく現象です。このため鉄道被害の防止には、個々の列車の位置や動きを考慮したきめ細やかな、速やかな予測情報が必要です。
このプロダクトは、気象レーダーで探知された竜巻情報を活用して、線路に対するアラート情報を表示するほか、個々の列車に対する推奨行動を文字情報でお知らせする機能を持つものです。
竜巻や列車の動きを3Dでわかりやすく描画しているため、過去の振り返り等にもご活用いただくことができ、今後の対策を立てるためにも役立つプロダクトとなっています。

可視化技術について

2Dから3Dへ立体的な雲にすることによってユーザーが直感的に認識できる、精度の高い気象情報を提供することができます。
※意匠権取得済 ※特許申請中

お問い合わせ

資料請求、サービスのデモ・お見積り依頼、導入実績・効果、サービス活用事例、サービス企画などお気軽にお問い合わせください。担当よりご連絡差し上げます。

エムティーアイ

© 株式会社エムティーアイ